プライベートコートのある家

専用住宅

この物件は建主さんのこだわりと住宅性能をしっかりと表現した住宅です。

ポイントは以下です。

01 基本計画における意思疎通

02 ワンポイントのデザインUP

03 トップランナー住宅の実力

01 基本計画における意思疎通


この物件は実にたくさんの基本計画案を作りました。形状、コスト、使い勝手、日照、安全性等々を良く検討していく中で、施主にとって無駄なものが削ぎ落され、最終的に残った形です。ですから、全ての事項が曇りなくデザインが共有されることで出来上がった、正に「オーダーメード」な住宅になっています。前面のプライベートコートはかなり高い塀を回していますが、これは施主の提案であり、囲われている安心感が良い結果に繋がっています。デザイン的にも敷地にボックス埋め込んだ様な面白さが出ており、施主との意思疎通の賜物だと思います。

 

02 ワンポイントのデザインUP


敷地の特性から、南面している庭をしっかりとったコートハウスとすることは決まっていましたが、アプローチも南入りですので、何を優先するかを検討していきました。最終的には南側1階部分は玄関、階段室、リビング、UTが一文字に並ぶ間口の広い形状に落ちつきましたが、この部分は軒をしっかり出した下見板張り壁とすることでデザイン的にも面白くかつ、軒下の守られた縁側的な空間になっています。この庇ですが出幅としては1200mm以上確保しており、構造的には壁から曲面させて軒まで連続させています。日本建築における深い軒とそれを支える三手先にヒントを得ながらデザインしたものです。

 

03 トップランナー住宅の実力


この住宅は札幌版次世代住宅のトップランナー等級を確保しています。具体的には外皮平均熱還流率(UA値)は0.17、相当隙間面積(C値)は0.21、1次エネルギー消費量は等級5で暖房+換気は34%となっており、国内トップクラスの性能を実現しました。相当隙間面積(C値)の0.21を具体的に表現すると住宅全ての表面積に対して名刺サイズの隙間しかないという事になります。また壁の断熱材の厚さは約30センチにもなります。これぐらい高断熱、高気密になると普段はあまり感じない熱交換換気システムの吹き出しドラフト風がやけに強く感じられます。寒冷地住宅の特性を知り尽くした建設会社との共同作業によってこのような性能を引き出せたことは私も学ぶところが非常に多かったです。

この住宅が家族の方々とどのように育っていくか楽しみです。


  • 可能な限り敷地いっぱいまで伸げた間口はより低く、長く見える


  • 構造的には壁から曲面させて軒まで連続させています

  • リビングの大開口。庇の効果が出ている。 

  • 構造的には壁から曲面させて軒まで連続させています

  • 床はカバ複合フローリングを採用し、オスモ塗り







  • 目隠し塀はシースルー化。

WORKS一覧へ戻る

horizon architects

ページ先頭へ